なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか
発売日
2007年07月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-69231-9

オンデマンド印刷
で購入する

※この商品はオンデマンド印刷のみ購入可能です
※POD販売サイト(BookStoreS.jp)に移動します

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか
人間の出会いが生み出す「最高のアート」

著者 田坂広志著 《シンクタンク・ソフィアバンク代表》
主な著作 これから何が起こるのか』(PHP研究所)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 なぜ我々はマネジャーという困難な道を歩むのか。その途上で巡り会う「奇跡」とは。四半世紀の歩みから生まれた渾身のマネジメント論。

なぜ、我々は、マネジメントの道を歩むのか。

 部下や社員の人生を、預かること。部下や社員の成長を、支えること。そのことが、マネジメントの責任であるならば、それは、文字通り「重荷」であるはず。にもかかわらず、なぜ、我々は、自ら「重荷」を背負って歩むのか。

 本書はそのことを、著者の四半世紀の歩みを振り返りながら、語ります。

 【目次紹介】

 
●なぜ、あなたは、自ら「重荷」を背負うのか

 
●経営者やマネジャーが背負う「重荷」とは何か

 
●素晴らしいマネジャーの「後姿」から学んだもの

 
●なぜ、マネジメントの道を歩んだのか

 
●そもそも「人間としての成長」とは何か

 
●マネジャーが身につけるべき「人間観」とは何か

 
●職場における「出会い」とは何か

 
●仕事における「苦労や困難」とは何か

 
●いかにして「部下の成長」を支えるか

 
●いかなる「言葉」を部下に語るべきか

 
●マネジャーが巡り会う「奇跡」とは何か