生活保護VSワーキングプア
発売日
2008年01月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-69713-0

生活保護VSワーキングプア
若者に広がる貧困

著者 大山典宏著 《社会福祉士》
税込価格 778円(本体価格720円)
内容 「生活保護」の現場から、広がり続ける社会格差についての処方箋を示す。いま注目を集めるワーキングプア問題との根深い関係とは?

「おにぎり食べたい」――日記にそう書き残して孤独死した男性は、数カ月前まで「生活保護」の対象者だった。北九州市で続発する餓死事件。役所が繰り広げる水際作戦。一方で、「怠け者が生活保護を食い物にしている」という報道も後を絶たない。明らかにされるワーキングプアとの根深い関係――。「生活保護年収四〇〇万円相当(四人世帯)>ワーキングプア」という衝撃の事実からあぶり出される真実とは? 三五〇〇件以上の相談に応じてきた専門家が、生活保護の現場から格差是正の処方箋を示す。

 ◎若者に広がる貧困、◎自業自得、自己責任?◎九八年に社会が変わった、◎不正受給額は計72億円、◎水際作戦と受給者バッシング、◎若者が生活保護を受ける、◎額面20万円のサラリーマンと同じ、◎人生何度でもやり直しができる、◎プチ生活保護のすすめ、◎放置したときのコスト、◎入りやすく出やすい制度へ、◎支援の芽を育てるために