静岡 県民も知らない地名の謎
発売日
2014年09月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76226-5

静岡 県民も知らない地名の謎

著者 日本地名の会著
主な著作 神奈川 県民も知らない地名の謎』(PHP研究所)
税込価格 842円(本体価格780円)
内容 新幹線、白拍子、小豆餅……実は、すべて静岡県の地名。古代の遺跡もあり、家康ゆかりの場所も多い、静岡の地名の不思議を解き明かす!

世界遺産になった富士山をはじめ、多彩な温泉地を有する伊豆、家康ゆかりの駿府城、鰻で有名な浜名湖……。縄文から続く歴史と豊かな自然に恵まれた静岡県。

 本書では、静岡は実は「賎ヶ丘」だった!? 狩野川の語源は「カヌー」? 菊川は菊とは関係ない! 横須賀の「スカ」は東海地方の方言? など、地名の意外な由来や歴史を一挙紹介。身近な地名から静岡の魅力を再発見できる!!

 (内容例)

 ◆「地名」と書いて何と読む?

 ◆果たして「美人ヶ谷」に美人はいたのか?

 ◆島がないのに、なぜ「湯ヶ島」?

 ◆犀ヶ崖の「サイ」は動物のサイ!?

 ◆浜松の「浜」と静岡の「岡」を取って浜岡!?

 ◆「伊豆の東にあるから伊東」ではない?

 ◆徳川に敗れた「甲斐の武士」が落ち延びてきた貝伏

 ◆源頼朝が村人に大鍋・小鍋を借りて回ったのが由来

 ◆海中から温泉が湧きあがる「あつうみが崎」が転じて熱海

 ◆古代の地名「浜津」が「ハーマツ」となり「浜松」になった!?

 文庫書き下ろし