子育ては、10歳が分かれ目。
発売日
2018年02月01日
在 庫
品切れ
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76808-3

子育ては、10歳が分かれ目。

著者 高濱正伸著 《花まる学習会代表》
主な著作 「自分のアタマで考える子」の育て方』(PHP研究所)
税込価格 734円(本体価格680円)
内容 「10歳からの子育て」こそ、子どもと親子の将来を左右する! 男女の違い、父母の役割り分担、子離れの仕方を説く、子育て本の決定版。

「10歳を過ぎた子どもには成長の可能性はないのか」とよく質問されてきました。そんなことはまったくありません。むしろ10歳からの子育てが、子どもの将来を左右し、親と子の一生の関係を築く基盤になっていくのです。(本文より)

 お子さんがこれから10歳になる方も、すでになった方も、「10歳」の持つ意味をご存じですか? 10歳は成長の大きな節目で、それを境に、子育てのあり方を抜本的に変えなければなりません。本書は、教育界から注目される花まる学習会代表の著者が、子どもが10歳になったらすべきこと、知っておくべき「男女の違い」、お母さんとお父さんの役割など、わが子を「困った大人」にしないためのヒントを語ったもの。子育てに奮闘するお母さん、お父さんの気持ちをラクにしてくれる一冊。

 『高濱正伸の10歳から子育て』を改題。

 【目次より】
●第1章 「男女の違い」を知れば家庭は変わる 
●第2章 10歳の「子離れ宣言」からの育て方 
●第3章 お母さんの役割 
●第4章 お父さんの役割 
●第5章 思春期は親の真価が問われるとき