毒
発売日
2019年09月30日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76963-9


青酸カリからギンナンまで

著者 船山信次著 《日本薬科大学教授》
主な著作 『毒と薬の世界史』(中公新書)
税込価格 902円(本体価格820円)
内容 クレオパトラが自死の際に選んだ「早く安らかな死を与える」毒とは? ギンナンや青酸カリ、さらには麻薬まで、毒の歴史と化学を語る。

トリカブトはアコニチンという神経毒を含む美しい花で、過去には殺人事件のトリックで用いられたこともある。しかしこの毒草は漢方の処方で用いられる「附子(ぶし)」や「烏頭(うず)」も生み出す。毒と薬は表裏一体の関係にあるのだ。本書は不思議な毒の魔力と魅力に迫るべく、毒の基本知識、毒の分類、毒が変えた歴史、毒と食べ物、犯罪や事件との関係、さらに麻薬と覚醒剤まで、第一人者が平易に解説。

 (内容例)〇中国の皇帝たちが、不老不死を願って飲んでいた毒とは? ○美容外科で使われる「ボトックス」は世界最強の毒から開発された ○中毒のときの記憶がなくなる、チョウセンアサガオの謎の毒 〇一酸化炭素中毒はなぜ起こる ○覚せい剤は生薬「麻黄(マオウ)」の研究過程から生まれた