[新装版]土光敏夫 信念の言葉
発売日
2009年09月16日
在 庫
品切れ
判 型
A6判上製
ISBN
978-4-569-77176-2

[新装版]土光敏夫 信念の言葉

著者 PHP研究所編
税込価格 1,100円(本体価格1,000円)
内容 企業の再建をはじめ、経団連会長、第二臨調会長として活躍し、日本の構造改革を実現させた土光敏夫の生き方と思想を学ぶ。

1950年、大赤字・給料遅配・スト続きで苦しむ石川島重工業(現IHI)の社長に就任した土光氏は、「ミスター合理化」と呼ばれるほどの経営合理化で再建を果たす。その後、東京芝浦電気(現東芝)の社長に就任、さらに長年にわたり経済団体連合会会長などを務め、日本経済の発展に尽くした。また、81年、会長に就任した第二次臨時行政調査会では、国鉄の分割民営化や三公社の民営化で日本の構造改革を実現させ、「行革の鬼」との異名をとっている。しかし、その生活ぶりは質素で、潔い人生観もうかがえる。何ごとがあろうとも信念を貫き、大願を成就させた強い意志と行動力の源泉を、200篇の言葉で探る。政治や経済の仕組みが大きく変わろうとしているいま、土光氏の考え、発言は、これからの日本を考える上でも、大きな意味を持ってくるに違いない。