ぼくのオカンがうつになった。
発売日
2010年05月14日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-77931-7

ぼくのオカンがうつになった。

著者 佐口賢作原作 《(佐口)ライター、(サトウ)イラストレーター》
サトウナオミ漫画
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 親世代のうつ病患者が急増している。うつ病を抱えるオカンとぼくの激動の16年間を描いたコミックエッセイ。

家族のうつには、寄り添うけれど、向き合わない。そんなコツが楽しく描かれてます。

 ――香山リカ(精神科医)【本書の帯コピーより】

 急増する親世代のうつ病―。

 合計100万人を突破したうつ病の中でも、大きな問題となっているのが親世代のうつ病です。本書は、うつ病になってしまったオカンと僕の激動の16年を描いたコミックエッセイです。

 (本書の目次より)

 プロローグ/久しぶりの同居生活/うつ病だけじゃなかった/回復のきざし!?/オカン・フォーティーズ/うつ病はどうして始まった?/魔法の特効薬!?/今度は老いがきた!/できることだけ/みんな、一緒