だんどん だんどん
発売日
2010年04月02日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-78049-8

だんどん だんどん

著者 内田麟太郎
かつらこ
主な著作 おかあさんになるってどんなこと』(PHP研究所)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 雲のように真っ白い、ふしぎな形のだんどんがやってきました。だんどんの中に、ブタやキリン、ウシが入っていくと……?

独創的な絵本を手がける内田麟太郎氏の、擬音が楽しいナンセンス絵本。

 だんどん だんどん――。真っ白いふしぎな形のだんどんがやってきました。だんどんを見たブタの親子は、「なかにいれて」と言って、だんどんの中へ入っていきました。すると、だんどんのからだにブタの鼻としっぽが現れました。次にキリンがやってきました。キリンがだんどんの中へ入っていくと、だんどんにキリンの長い首がつきました。そこへ、ウシが「おれもいれてくれ」と棒高跳びでだんどんに入っていきました。すると、だんどんは、ブタの鼻とキリンの首、そしてウシのからだを合わせたおかしな形になりました。

 そして、次に待っていたのはおかめさん。おかめさんもだんどんの中へ入っていきました。だんどんは、ブタとキリンとウシとおかめさんを組み合わせた、おどろきの形になっていきます。さて、つぎにやってきたのは……?

 2、3歳からの読み聞かせにも最適です。