ごみの大研究
発売日
2011年02月21日
在 庫
在庫あり
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-78111-2

よく知って、減らそう!
ごみの大研究
3Rとリサイクル社会がよくわかる

著者 寄本勝美監修 《早稲田大学政治経済学部教授、法学博士》
主な著作 『ごみはいかせる!へらせる!』(岩崎書店)
税込価格 3,080円(本体価格2,800円)
内容 毎日どんなごみをだしている? プラスチックはどうなる? 環境問題やリサイクルのしくみを理解し、ごみを減らす方法を考える一冊。

ごみは、わたしたちの生活から毎日出るものです。ごみの増加は、生活環境を悪化させ、生き物たちのすみかをうばい、さらにはごみ処分場が不足するなど、大きな問題を引き起こしています。本書は、“3R”の意味をわかりやすく説明するとともに、社会全体で“3R”を行えば、いまある資源をうまく使って、ごみも大切に生かせる方法があるということを伝えます。

 <ごみが増えるとなぜ困る?>ごみはもともと天然資源/“3R”でごみを生かせる!/わたしには何ができる? 他 <ごみについて知ろう>どれくらいごみを出しているの?/産業廃棄物ってどんなもの?/なぜごみを燃やすの? 他 <リサイクルを知ろう>身近なもののリサイクルのしくみは?/どんな回収方法がある?/昔はどうしてたのかな? 他 <ごみを生かすにはどうすればいい?>ごみをなくすには~おやつ編、洋服編/資源を分別しよう 他

 ごみを見る目が変わる一冊!