まよなかのおならたいかい
発売日
2018年09月20日
在 庫
在庫あり
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-78808-1

まよなかのおならたいかい

著者 中村翔子作
荒井良二絵
主な著作 <荒井・好評既刊>『あさになったのでまどをあけますよ』(偕成社)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 夜の動物園では、動物たちがおなら大会で大騒ぎ! カバ、ゾウ、ペンギンなどがいろいろなおならで競います。さて、優勝するのは?

しいくがかりのげんさんは、昼間にねてばかりいる動物たちを心配していました。起きてくれないからと、子どもたちがゴリラに石を投げたりしています。ところが、夕方のえさの時間になると動物たちは目を覚まし、エサをたくさん食べてまたすぐに眠ります。

 ふしぎに思ったげんさんは、夜中に動物たちを見張ってみることにしました。うとうとしていたげんさんが目を覚ますと、なんと広場では動物たちが集まって「おならたいかい」を開いていたのです。

 次の日の夜もおならたいかいは続き、おならをしないヘビが審査をしています。きりん、ぺんぎん、インコなどがつぎつぎとおならをしていきます。そして、動物の王様、らいおんが登場するとみんなわくわくしました。ところが、おならは「ス――」というだけで、音がなりません。「くさいにおい」では、らいおんが一番でした。それからもサイやカバがおならをしていき、最後に優勝したのは……?