化石ハンター
発売日
2019年06月03日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-78871-5

化石ハンター
恐竜少年じゃなかった僕はなぜ恐竜学者になったのか?

著者 小林快次著 《北海道大学総合博物館・教授》
主な著作 『ぼくは恐竜探検家!』(講談社)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 世界トップクラスの恐竜学者は学者志望ではなかった…? 著者が少年時代~青年時代の葛藤と挫折、それを乗り越えた体験を語る!

「今を生きる」をモットーに活動する著者の言動は「夢」や「やりたいこと」に縛られてしまってる子どもたち、そして大人たちに大きな解放を感じさせてくれます。ダイナソー小林ファン以外にも読んでほしい1冊です! 世界トップクラスの恐竜学者である著者は言う。「恐竜は特別、好きというわけじゃなかった」化石採集に熱中した少年時代。知識やウンチクとしての古生物には興味がなく、ただ太古から現存してきた化石の、時空を超えた存在感に想いを馳せるのが好きだったという。「普通」を夢見ていた意外な少年時代、大学時代の挫折感と虚無感から始まった恐竜学者への道のりを語ります。恐竜学者を目指していたわけではなかった著者が どのような経緯を経て世界トップの恐竜学者になったのか? ファルコンアイ・小林快次のプリクエル(前日譚)的な内容とその思いを語ります。