ウナギ 大回遊の謎
発売日
2012年06月15日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-79670-3

ウナギ 大回遊の謎

著者 塚本勝巳著 《東京大学大気海洋研究所教授、農学博士》
主な著作 『旅するウナギ(共著)』(東海大学出版会)
税込価格 990円(本体価格900円)
内容 大海原で天然ウナギの卵を見つけた! ウナギ産卵場調査の中心にいる「世界的ウナギ博士」が語る、金字塔樹立までの感動の物語。

世界初、大海原でウナギの天然卵と親魚を発見! 「世界的ウナギ博士」として名高い日本のリーダーが、金字塔樹立までの長い足跡を生き生きと語る。

 ウナギの生態は多くの謎に包まれている。なかでも、とびきりの謎が産卵場の謎である。人びとはウナギがどこで生まれるのか、長い間不思議に思ってきた。泥の中から自然発生するという説や、山芋がウナギに変わるという説は有名だ。

 実はニホンウナギは日本列島から遠く数千キロも離れた太平洋のど真ん中で毎年、産卵していた。本書は、大海原で親ウナギが産卵する瞬間をピンポイントでつかまえたい、この究極の謎に挑んだ科学者たちの夢と冒険の記録である。

 「ウナギの産卵場調査航海」に乗り出し、船でウナギの「より小さい」稚魚を追い求める。度重なる失敗にもめげず、「海山仮説」や「新月仮説」や「塩分フロント仮説」などで絞り込み、ついに世界で初めて、親ウナギの捕獲と天然卵の採取という金字塔を樹立するまでの足跡を語る。古代ギリシャのアリストテレスの時代から2400年、ついにウナギ産卵場の謎は解明された。