「がまんをしない人」は病気にならない
発売日
2011年05月27日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-79794-6

「がまんをしない人」は病気にならない

著者 和田秀樹著 《精神科医》
主な著作 「がまん」するから老化する』(PHP研究所)
税込価格 1,026円(本体価格950円)
内容 「がまん、がまん」の節制生活だと、病気になってしまう。もっと快適に、楽しく元気に過ごしていける心と体の健康法をやさしく解説!

心にいいことは体にもいい。健康診断の検査数値に一喜一憂しながら、健康おたくになって「がまん、がまん」で禁欲的な生活をするよりも、ある程度、好き勝手に生きた方が免疫力もアップし、病気にならないのである。

 さらに世間では「コレステロール値を下げなければいけない」「やせると長生きできる」などと言われているが、最近の調査によれば、長期的に見た死亡率が意外に下がっていないことがわかってきた。このように一般に信じられている健康常識には、あてにならないものが多い。「酒を飲まない」「肉を食べない」「無理なダイエット」などの節制が、老化のスピードを加速させ、健康を害してしまうのだ。

 本書では、従来の健康常識とは異なる新しい健康常識を提示して、もっと快適に、楽しく、元気に過ごしていける心と体の健康法を数多くの面白い事例とともに解説する。