面白くて眠れなくなる物理
発売日
2012年02月17日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-80264-0

面白くて眠れなくなる物理

著者 左巻健男著 《法政大学生命科学部教授》
主な著作 『新しい高校物理の教科書』(講談社ブルーバックス)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 透明人間は実在できる? 空気の重さはどれくらい? 氷が手にくっつくのはなぜ? 身近な話題を入り口に楽しく物理がわかる一冊。

思わず徹夜してしまう、ミステリアスな物理のはなし。

 

 物理は、世界のあらゆることを記述しており、実は身の周りの様々なところでも、その法則は関係しています。

 本書では、ストローやアルミ缶など私たちの身近なものを使った科学遊びから、透明人間、万有引力と質量、永久機関のはなしまでを紹介。文系の人でも楽しめる、不思議とドラマに満ちた物理の世界へようこそ。

 

 ○本書の目次より

 もしあなたが透明人間になったら/私たちには見えない光/超高温と超低温/一キロ食べると体重はどうなる?/地球の大きさのはかりかた/ピサの斜塔の実験はウソだった!?/象よりもハイヒールに踏まれるほうが痛い?/地球を貫通する穴にボールを落とすと?/ストローで科学遊び/人類は永久機関を夢見る/一九四一年の「放射性食塩」騒動…