出光佐三 反骨の言魂(ことだま)
発売日
2012年12月18日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-80985-4

出光佐三 反骨の言魂(ことだま)
日本人としての誇りを貫いた男の生涯

著者 水木楊著 《元日本経済新聞論説主幹》
主な著作 『田中角栄―その巨善と巨悪』(文春文庫)
税込価格 990円(本体価格900円)
内容 戦後日本人が意気消沈する中、国に逆らい日章丸をイランに派遣した出光。海賊と呼ばれた男の半生を活写し、その熱き言葉を披瀝する。



 大正の初め、関門海峡で、「海賊」と呼ばれる男がいた。「海に下関とか門司とかの線でも引いてあるのか」と言い放ち、燃料油を売りまくった。数年後、男は満州に乗り込み、メジャー石油会社と闘い、潤滑油納入を勝ち取る。そして英国がイランと国交断絶し、ペルシャ湾に英国海軍が待ち受ける中、大海へと乗り出した。

 戦後日本人が意気消沈する中、米英を欺き、国家官僚に逆らい日章丸をイランに派遣した出光。海賊といわれた男の半生を活写し、その熱き言葉を披瀝する。

 「イラン石油に輸入は堂々天下の公道を闊歩するもので、天下に何ひとつはばかることもない。ただ敗戦の傷の癒えぬ日本は正義の主張さえ遠慮がちであるが、いま言った理由から、日本国民として俯仰天地に愧じざることを誓うものである」。出光は乗組員に堂々と胸を張れと励ました。

 財務諸表よりも社員を大切にした勝負師の半生を活写し、その熱き言葉を披瀝する。