竜の雨降る探偵社
発売日
2013年02月20日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-81012-6

竜の雨降る探偵社

著者 三木笙子著 《小説家》
主な著作 『人魚は空に還る』(東京創元社)
税込価格 1,728円(本体価格1,600円)
内容 昭和三〇年代・新宿。珈琲店の二階に住む美しき青年は、雨の日だけ探偵業を開き、怪事件を鮮やかに解決していくのだが……。

「探偵というのは、品のない商売だね。人が隠したがっていることをわざわざ暴き立てるんだから」

 「雨天のみ営業」――昭和30年代、新宿。珈琲店の二階で探偵業を営む美しき青年と、その幼馴染の友人。

 二人が真実に辿り着くとき、哀しき人の心に慈雨が降る。

 昭和30年代の新宿、珈琲店の二階に住むその美しき青年・水上櫂(みなかみ・かい)が開いた探偵社は、「雨の日だけ営業する」そう噂されていた――。櫂のもとに、大家で幼馴染の和田慎吾(わだ・しんご)が「最近、自分の店子の会社で、郵便物の間違いが多くて、応対する受付の女性が困っている」と訪れる。慎吾が櫂に相談した三日後、その女性は失踪して……(表題作)。◎友人の死を悼む女性の真意を見抜く「沈澄池のほとり」、◎破格の条件が用意された学生カメラマン採用試験の謎に迫る「好条件の求人」など四作品を収録した連作短篇集。

 <帝都探偵絵図>で注目の著者が描く昭和探偵物語。