頭がよくなる1分実験[物理の基本]
発売日
2013年07月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81291-5

頭がよくなる1分実験[物理の基本]

著者 左巻健男著 《法政大学教授》
主な著作 面白くて眠れなくなる物理』(PHP研究所)
税込価格 1,056円(本体価格960円)
内容 「電車の中でジャンプしても同じ場所に着地する」(慣性の法則)のような、物理の本質につながるちょっとした「試み」を60例紹介。

科学の実験というと、特殊なものが必要で、結構時間がかかるものというイメージがあるかもしれません。でも本書では、ありふれた物を使ってすぐにできて、しかも子どもも大人も夢中になる実験を紹介します。「虹をつくる」「光が反射して進む方向を鏡で知る」「静電気の力を使い、ストローで水の流れをあやつる」「てこの原理をバットを回して実感する」「静電気で蛍光灯をつける」……。ちょっとした試みで物理学の基礎が実感とともに身につき、科学の深遠な世界に触れることができます。

 著者の左巻健男先生は、物理化学と理科教育を大学・大学院で学び、その後中学校・高等学校の理科教諭に就任。現場で「少なくとも理科を嫌いにさせないようにしよう、理科を楽しくわかるものにしよう」と努力されてきました(現在は法政大学生命科学部教授)。本書はそんな左巻先生の、理科教育の経験と研究成果が込められた一冊です。