日本の歳事としきたりを楽しむ
発売日
2014年03月14日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-81697-5

日本の歳事としきたりを楽しむ
茶の湯の宗匠が教える和暮らしの手引き

著者 芳野宗春著 《武者小路千家 宗匠》
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 伝統が今なお息づく京都在住の茶人による、日本の古き良き歳事としきたりがよくわかる一冊。楽しみながら暮らしにいかすヒントが満載。

日本では古来より、四季折々にさまざまな歳事が行われてきました。新年を祝う正月行事の数々、お花見や蛍狩、災厄除けを祈る祇園祭、収穫を感謝する秋祭り、師走の訪れを告げるまねき上げ等々。

 日本人は、生活に歳事を散りばめることで、暮らしにめりはりをつけ、心豊かに楽しんできたのです。歳事やしきたりをたどっていくと、日本の四季の美しさ、それを捉える日本人の感性の細やかさにあらためて気づかされます。

 現代では生活のありようが変わり、歳事やそれにまつわるしきたりは、馴染みの薄いものになりつつありますが、茶の湯には日本文化をあらわす魅力的な行事やしきたりが脈々と受け継がれています。

 本書は、茶の湯の宗匠である著者が、歳事としきたりに込められた本来の意味と楽しみかたを、やさしく語ります。現在のわたしたちの暮らしにも生きる、知恵や工夫が詰まった一冊です。