腸のリンパを流せば、病気が逃げ出す
発売日
2014年06月18日
在 庫
在庫僅少
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-81968-6

免疫力を劇的に高める
腸のリンパを流せば、病気が逃げ出す

著者 大橋俊夫著 《信州大学医学部特任教授、日本リンパ学会理事長》
主な著作 リンパを流すと健康になる』(PHP研究所)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 手足のリンパを流すのも大事だが、それ以上に大事なのが腸のリンパを流すこと。リンパの権威が教える最新医学データに基づく健康の秘訣。

腸というのは人間にとって最も大切な臓器の1つで、そこにはリンパ組織、リンパ管が張り巡らされています。これらのリンパ組織の働きが、人間の健康にとって非常に大きな意味を持っているのです。

 腸のリンパを流すということは、腸内細菌や食物からもらった免疫の情報を腸管の壁にいるリンパ球を使って血管に送り届けるということをしているわけです。そしてそのリンパ球は体中に流れていってパトロールをしたり、情報を伝えたりする役割もしています。体全体の免疫を高め、風邪などのウイルスを簡単に寄せつけません。一方、食物など無害なものに対してはアレルギー反応を起こさないようにバランスを整えてくれます。あなたも、腸のリンパを流して健康になりましょう。