中国大破綻
発売日
2015年01月20日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82338-6

中国大破綻
ついに「失われる20年」に突入する

著者 宮崎正弘著 《評論家》
主な著作 『中国・韓国を本気で見捨て始めた世界』(徳間書店)
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 そして中国から、誰もいなくなる……。「バブル崩壊」と「身の丈知らずの軍拡」が国を押し潰した時、中国を襲う驚愕の事態を徹底予見!

中国経済がいよいよバブル崩壊に直面すると、各所で指摘されている。その実相に鋭く迫ったのが、本書である。

 現在、中国の不良債権は、なんと1000兆円に上ると見込まれる。日本のバブル崩壊時の不良債権の25倍の規模だ。実際に中国を歩くと、住人がいないマンション群が乱立している。大手ファンドによれば、過去5年間で売れた新築マンションは、わずかに15%で、1020万戸の空き室が新たに生じているという。

 このような状況下、中国のGDP統計の水増しは少なく見積もっても100兆円~200兆円。しかも、軍拡に次ぐ軍拡の結果、もはや軍事費の重みに耐えられない状況に陥っている。

 その絶望的な状況のなかで蔓延しているのが、泥沼のような汚職と、モラル破壊である。資金に余裕がある人間は、とにかく海外に家族と資産を脱出させようと狂奔している…。

 想像をはるかに超える「現実」に誰もが戦慄するであろう、衝撃の書である。

 プロローグ:未曾有の経済成長と大挫折

 第一章:なにが本当の危機なのか

 第二章:軍拡が中国を滅ぼす

 第三章:社会不安と独裁の限界

 第四章:世界から孤立する中国

 第五章:道徳が消え、モラルが崩壊した

 エピローグ:そして中国から誰もいなくなる