世界のエリートが学んでいる教養としての哲学
発売日
2015年02月26日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82382-9

世界のエリートが学んでいる教養としての哲学

著者 小川仁志著 《哲学者、徳山工業高等専門学校准教授》
主な著作 7日間で突然頭がよくなる本』(PHP研究所)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 世界のビジネスで哲学の知識は必須。本書は哲学を「ビジネスのためのツール」として紹介。効率的に教養としての「哲学」を身につけよ!

21世紀は、グローバリゼーションやインターネットによって常識そのものが変わりつつあるため、何をするにしてもゼロからルールをつくったり、枠組みを考えたりする必要が生じている。

 つまり、自分の頭で考える能力が必要になっており、だからこそ、今「教養」が求められている。

 欧米を中心に、世界では西洋哲学の教養があるのが当たり前だが、残念ながら日本では、ほとんどの人が哲学の基礎知識すら持ち合わせていない。

 本書は、京大→商社→プリンストン大の経歴を持つ著者が、グローバルビジネスに必須である「哲学」を、ビジネスのためのツールとして位置付けて紹介。

 本書の内容例:☆押さえておくべき「哲学史」/☆ビジネスに使える「思考法」/☆読んでおくべき「名著」/☆相手の心を打つ「名フレーズ」/☆宗教、倫理、日本の思想/☆マークしておくべき「重要人物」/☆知っておくべき「必須の用語」

 「一流」になるためには「哲学」を身につけよ!