関西圏の鉄道のすべて
発売日
2015年09月17日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82820-6

関西圏の鉄道のすべて

著者 PHP研究所編
主な著作 首都圏の鉄道のすべて』(PHP研究所)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 JRと私鉄がしのぎを削る阪神エリア、私鉄3社が活躍する京都エリアを中心に、関西エリアの鉄道路線・車両・沿線情報などを紹介。

JRと私鉄が競合し、サービスを発展させてきた関西圏の鉄道を大特集。

 関西の鉄道の特徴として、JRと私鉄が併行する区間が多いことが挙げられます。スピードが自慢のJRの新快速に、私鉄は快適性や利便性を向上させて対抗するなどしてきました。物持ちがよく古い車両が現役で活躍する一方、新型車両の導入も活発に進められています。

 本書では、各路線の概要、廃止線、古今の代表的な車両、名駅舎、鉄道の走行シーン、鉄道遺産、車両基地、鉄道を見られるスポットや鉄道イベントなどを紹介しています。

 JR 西日本の「大阪近郊区間」のうち、北側は湖西線近江塩津駅、山陰本線園部駅、福知山線篠山口駅まで、東側は北陸本線長浜駅、草津線柘植駅まで、西側は東海道本線網干駅まで、南側は阪和線和歌山駅まで。私鉄は北側は米原駅、東側は京都市内、西側は姫路駅、南側は難波駅を起点に持つ路線を対象としています。