現代建築のトリセツ
発売日
2016年05月13日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83042-1

現代建築のトリセツ
摩天楼世界一競争から新国立競技場問題まで

著者 松葉一清著 《建築評論家》
主な著作 『アンドウ』(講談社)
税込価格 886円(本体価格820円)
内容 政治も経済も文化も、建築にはその時代の価値観がすべて反映される。街の見え方が変わり、社会の仕組みが見える現代建築ガイドの決定版!

ザハ・ハディド、キールアーチ、デザインビルド……新国立競技場をめぐる議論で飛び交った「現代建築」の固有名詞や専門用語。これだけ世間の関心を集めたのに、その歴史や作品の価値は知らないことばかり。

 考えてみれば、そもそも現代建築の「現代」っていつから? モダニズムとポスト・モダニズムはどこが違うの? 超高層ビルは国家の象徴だけど、ショッピングモールはただの金儲けの手段? 日本の現代建築の名作は、寿命わずか30年? 丹下健三、磯崎新、安藤忠雄ら日本の建築家たちはなぜ世界から尊敬されるの?など、素朴な疑問がいっぱい。

 そこで、建築評論の第一人者が、現代建築の“裏”も“表”も“光”も“闇”もやさしく解き明かす。「現代建築を理解すれば、わたしたちが日常を送っている世界の本質が見通せるようになるはずです」と著者。建築家・隈研吾氏も、「時代のなかの建築を、驚愕する博識で見事に語ってくれる」一冊だと推薦!