脱サラ就農、九条ねぎで年商10億円
発売日
2016年06月23日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-83390-3

脱サラ就農、九条ねぎで年商10億円
京都発 新・農業経営のカタチ

著者 山田敏之著 《農業生産法人 こと京都株式会社代表取締役社長》
税込価格 1,650円(本体価格1,500円)
内容 32歳の時に脱サラ就農、京都の伝統野菜「九条ねぎ」の専門農家に。ブランディングに取組み、6次産業化を。農林水産大臣賞など数々の賞を受賞。シェアを強く意識した農業改革で知られる。有言実行の行動力で、業界の風雲児と紹介されています。

「年商1億円の農家」をめざし脱サラ就農した著者が、京都の伝統野菜「九条ねぎ」専門の農家に。やがて、生産、カット加工、販売まで手掛ける「ねぎや」に転身。首都圏のラーメン店に飛び込み営業をして販路を開発。九条ねぎの生産者グループ「ことねぎ会」を組織化、安定供給を可能にした。2013年、「6次産業成功事例」として農林水産大臣賞を受賞。2014年には「京都創業者大賞企業部門」を受賞している。2015年、九州大学大学院修士課程を修了。農作業を、毎年参加する鉄人レース「トライアスロン」のトレーニングにしてきた経験を持つ。 2015年、国産ねぎ専門商社「こと日本(株)」(本社:東京都千代田区)、2016年、岩谷産業との合弁会社「こと京野菜(株)」を設立、代表取締役社長に就任。本書では、経験や勘に頼る農業から生産管理に基づく「産業」へと転換した京都発の新・農業経営ノウハウを余すところなく公開。著者にしか語れないエピソードを満載した農業経営の教科書。農業で起業したい人たちへの生きたメッセージです。