ニャンだか生きるのがラクになる「菜根譚(さいこんたん)」の教え
発売日
2017年06月16日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-83819-9

ニャンだか生きるのがラクになる「菜根譚(さいこんたん)」の教え

著者 守屋洋著 《中国文学者》
主な著作 決定版 菜根譚』(PHP研究所)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 悩み多き世をたくましくのびのび生きる知恵の書「菜根譚」。真理をついた優しい言葉と気ままでかわいい猫たちの写真に癒される本。

いまから400年以上も前に中国で書かれた処世訓『菜根譚』は、日本でも数々の翻訳版が出版され、ベストセラー&ロングセラーとして多くの人の座右の書となっています。それは『菜根譚』が、儒教、道教、仏教の3つの教えの融合から生まれたもので、人づきあい、昇進、進路、自分の性格、家族のことなど、どんな悩みや迷い、苦しみにも、必ず答えが見つかるからです。

 本書は、その『菜根譚』の中から、いまの時代をたくましく、のびのびと生き抜くための知恵を厳選し、短いメッセージにまとめ、わかりやすい解釈をつけました。

 また、心がつらいとき、気持ちをそっとほぐしてくれる、しなやかでしたたかでとびきりかわいい猫の写真を添えました。

 「人に対して寛大な人が、結果として成功する」「どんなに相手をやりこめても、逃げ道まではうばわないこと」「心をゆるせない人には、むりに近寄らなくてもいい」など、すぐに参考になる言葉が見つかります。