真実の世界史講義 中世編
発売日
2018年02月13日
在 庫
在庫僅少
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-83890-8

誰も教えてくれない
真実の世界史講義 中世編

著者 倉山満著 《憲政史家》
主な著作 真実の世界史講義 古代編』(PHP研究所)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 十字軍、モンゴル帝国の興亡から大航海時代まで、倉山史観で“暗黒の中世”を読み解く! 菅原道真の画期的な決断とは?

ヨーロッパとチャイナ中心の歴史観を根本からくつがえす、日本人として知っておきたい“教養としての世界史”の第2弾。キリスト教徒がイスラム教徒に戦いを挑んだ十字軍、世界史の誕生ともいえるモンゴル帝国の成立など、世界が殺戮に明け暮れた“暗黒時代”から、ヨーロッパが近代へと向かうルネサンス、宗教改革、大航海時代までを独自の視点から読み解く。一方で日本は、菅原道真が殺戮に明け暮れる世界史を拒否し、北条時宗が世界最強のモンゴル帝国を破り、室町時代は足利義満というとんでもない売国奴が出現しながらも、足利義教は西欧より二〇〇年も早くかつ完璧に絶対主義を実行した。

 【目次より】
●第1章 世界史の正体と日本 
●第2章 十字軍の爪痕 
●第3章 世界史を語る視点としての鎌倉幕府 
●第4章 暗黒の中世の終焉と室町幕府 
●第5章 中世と近代のはざまで