会社人生、五十路(いそじ)の壁
発売日
2018年07月13日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
品切れ
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-84090-1

会社人生、五十路(いそじ)の壁
サラリーマンの分岐点

著者 江上剛著 《作家》
主な著作 怪物商人』(PHP研究所)
税込価格 950円(本体価格880円)
内容 役職定年・出向、万歳。老後の投資はするな。若い人にへつらうな。49歳で銀行員から小説家に転身した著者による、五十路の壁の乗り越え方。

「五十にして天命を知る」と孔子は言った。しかし、実際には50代は「迷い、惑う」年代だ。

 会社では肩身が狭く、家庭では子どもの学費など出費がかさむ。これまで真面目に頑張ってきたのに、いつのまにか自分の居場所がないことに気付く――。

 だが、50歳直前で銀行員を辞め、小説家に転身した著者は、こうも言う。「50代は、やりたいこと、これまでやりたくてもできなかったことをするチャンス」だと。

 人生100年時代、50代は「折り返し地点」に過ぎない。人生の後半戦を充実して過ごすための「五十路(いそじ)の壁の乗り越え方」を指南する。

 【目次】
●プロローグ 五十路(いそじ)の壁とは? 
●第1章 「負け組」50代にならないために 
●第2章 サラリーマンは50代からが二度美味しい――「続ける派」へのアドバイス 
●第3章 50代からの「出直し」戦略――「辞める派」へのアドバイス 
●第4章 50代からあと何年、働きますか 
●第5章 五十にして天命を知る