天離(あまさか)り果つる国(下)
発売日
2020年10月08日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-84761-0

天離(あまさか)り果つる国(下)

著者 宮本昌孝著 《作家》
主な著作 『風魔(上・中・下)』(祥伝社文庫)
税込価格 2,090円(本体価格1,900円)
内容 白川郷を独立国家にするため、天才軍師と最強の姫が立ち上がる。敵は天下人・秀吉――。帰雲城に拠った二人を待ち受けていた運命とは。

敵は、豊臣秀吉。守れ、天空の城を! 

 織田信長の後継者となるも、恋い焦がれてきたお市を手に入れることができなかった秀吉は、怒りの矛先を、お市の自害を止められなかった津田七龍太に向け、その処刑を黒田官兵衛に命じる。

 一方、徳川家康の支援を仰ぐべく、真冬の立山連峰越えに挑む猛将・佐々成政の前に、囚われていたはずの内ケ嶋の姫が現われ……。

 秀吉・家康らが虎視眈々と狙うなか、美しき里の平穏を願う領主・内ケ嶋氏理は、真宗勢力と手を携え、飛騨白川郷の独立をめざす。「天離る地」の小国は生き残れるのか。

 戦いの時は刻々と迫っていた。押し寄せる豊臣軍を迎え撃つそのとき、驚天動地の出来事が――。

 一夜にして消えた「幻の帰雲城」をめぐる壮大なスケールの物語であり、戦国時代の飛騨に注目した傑作長編小説。