劣化する民主主義
発売日
2021年02月16日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-84861-7

劣化する民主主義

著者 宮家邦彦著 《キヤノングローバル戦略研究所研究主幹》
主な著作 語られざる中国の結末』(PHP研究所)
税込価格 1,023円(本体価格930円)
内容 「一発屋興行師」だったトランプ前大統領。安倍氏の個人的つながりを欠いた日本外交は機能するのか。菅政権の内閣官房参与が語る。

 トランプ死すとも不満は死なず――

 2021年1月、過激な陰謀論を信奉するトランプ主義者の群衆が、ワシントンの連邦議会議事堂を襲撃した。恐れ、怒り、憎しみ、攻撃性などの暗い感情から力を引き出す「ダークサイド」現象がいま、民主主義国に挑戦状を突き付けている。トランプ現象は米国の内政混乱の結果であり、原因ではない。

 また、同じ現象は米国だけでなく、欧州にも存在する。さらに中国によるCU(中華連合)の形成や、軍事技術の進歩による地政学的優位の喪失など、日本にとって理想的だった安全保障環境が失われつつある。

 われわれは自由と民主主義を守ることができるのか。長年にわたる日本の課題と解決策、「ポスト1953年体制」の戦略論が凝縮した1冊。

 (目次)序章 米国の自信喪失を考える/第1章 日本の宿題――なぜ手をつけないのか/第2章 覚醒した世界のダークサイド/第3章「一発屋興行師」だったトランプ/第4章 失われる地政学的優位