自由と成長の経済学
発売日
2021年08月10日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85014-6

自由と成長の経済学
「人新世」と「脱成長コミュニズム」の罠

著者 柿埜真吾著 《高崎経済大学非常勤講師》
主な著作 ミルトン・フリードマンの日本経済論』(PHP研究所)
税込価格 1,023円(本体価格930円)
内容 自由主義経済と減税でコロナ禍は克服できる。「脱成長」イデオロギーに騙されるな。日本を衰退に導く「姿を変えた共産主義」を徹底批判。



 「人新世」(人類の経済活動が地球を破壊する時代)というウソがまことしやかに唱えられている。彼らは「脱成長」を唱え、「環境危機の時代を克服するには、資本主義による経済成長を諦めるべきだ」という。この一見、倫理的に思える脱成長論は、じつは社会主義・共産主義の復活を目論むレトリック、仮面である。経済成長を止めて全体のパイを減らし、弱者をよりいっそう貧しくさせる「罠」なのだ。資本主義よりも共産主義のほうが環境破壊を生むことは、かつてのソ連や現代の中国を見れば明らかだろう。また、気象関連災害による死者は経済成長とともに大幅に減少してきた。「人類はかつて自然と調和した素晴らしい生活を送っていたのに、資本主義と経済成長のせいで自然に復讐されている」という物語は、事実に反する。社会主義の大失敗と資本主義が人類を救ってきた歴史、自由な生活と経済成長がコロナ禍と貧困・格差、地球環境問題を解決できることを示した一冊。