「性」の進化論講義
発売日
2021年08月10日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85038-2

「性」の進化論講義
生物史を変えたオスとメスの謎

著者 更科功著 《東京大学総合研究博物館研究事業協力者》
主な著作 『若い読者に贈る美しい生物学講義』(ダイヤモンド社)
税込価格 1,012円(本体価格920円)
内容 マンモスの牙はなぜ、自分のほうを向いているのか? 一見、不合理な進化の理由を解き明かす「性のふしぎ」に迫る生物学&進化論講義!

 
●巨大過ぎる牙のマンモス、体長より眼が離れたシュモクバエ……
●不合理に見える進化の謎は「オスとメスの生物史」で解ける!
●性と進化にまつわる驚きの事実が満載の「全く新しい進化論」!

 生物の進化を語る上で欠かせない「自然淘汰」。そんな自然淘汰の中でも、特徴的なのが「性淘汰」だ。これは「繁殖に有利な」種、つまり異性を巡る競争に有利な種が生き残り、そうでない種が滅びるというものである。

 しかし、「繁殖に有利な特徴」は、必ずしも「生存に有利な特徴」とは限らない。したがって、「異性を巡る競争には有利だが、生存には不利な特徴」などの、「世にも不思議な進化の数々」が現れてくるのだ。

 そもそも、無性生殖をしていた生物は、なぜ有性生殖をするようになったのか? オスとメスの関係は進化にどのような影響を与えてきたのか? そこには、想像をはるかに超える壮大な生物史のドラマがあった――。素晴らしくも不思議な「性の進化論」について、その根本から丁寧に解き明かす!