服部卓四郎と昭和陸軍
発売日
2022年06月15日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85224-9

服部卓四郎と昭和陸軍
大東亜戦争を敗北に至らしめたものは何か

著者 岩井秀一郎著 《歴史研究家》
主な著作 『多田駿伝』(小学館)
税込価格 1,078円(本体価格980円)
内容 ノモンハン事件、大東亜戦争の開戦……。敗戦の悲劇はなぜ起きたか。陸軍の「作戦」の中心人物に焦点をあて、その失敗の根因に迫る。



 ノモンハン事件、大東亜戦争開戦、ガダルカナル戦……。国家の命運を左右する参謀本部の中枢に居続けた作戦参謀「服部卓四郎」。

 戦時下では、参謀本部の田中新一や辻政信、そして東條英機や石原莞爾らとどのように関わっていたのか。帝国日本が敗戦への道を突き進んでいく過程で何が服部らエリートを突き動かしたのか。戦後はGHQに庇護される立場となり、『大東亜戦争全史』をまとめ上げたが、その胸中に去来した思いとは。

 そして、この男の生涯と折々の言動を丹念に追うことで見えてくる日本軍の失敗の根因とは――。デビュー作『多田駿伝』(小学館)で第26回山本七平賞奨励賞を受賞した気鋭の著者による渾身の書き下ろし。

 目次
●序章 戦後史に消えた作戦参謀
●第一章 エリートコース
●第二章 ノモンハンの蹉跌
●第三章 大東亜戦争はじまる
●第四章 参謀本部作戦課長の「敗戦」
●第五章 生き残った参謀――「服部卓四郎」の正体
●終章 昭和陸軍の象徴として