地政学と歴史で読み解くロシアの行動原理
発売日
2022年08月10日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85275-1

地政学と歴史で読み解くロシアの行動原理

著者 亀山陽司著 《著述家、元外交官》
税込価格 1,133円(本体価格1,030円)
内容 なぜロシアは大国主義を捨てられないのか? 元在ロシア外交官が、ロシア人の意識に潜在する「ロシアン・イデオロギー」を解説する。



 「世界を動かす偉大なロシア」という信仰は、なぜ生まれたのか?

 2022年2月に開始されたロシアによるウクライナ侵攻は世界を驚かせた。

 しかし、ロシアの歴史を振り返ると、モンゴル帝国、リトアニア、ポーランド、スウェーデン、オスマン帝国、ドイツなど常に四方の周辺諸国と戦争をし、国家消滅の危機にも陥りながら領土を拡大してきた。そのためロシアにとって戦争は歴史そのものであり、この国の偉大さを証明するものでもある。

 本書では、日本人には理解しがたいこうしたロシアの行動原理を、元駐ロシア外交官が、地政学、歴史、文化、対外政策などを複合して解説する。

 ロシアは何をしようとしているのか?

 
●序章 ロシアの行動を理解するために
●第1章 ロシア帝国の4つの地政空間
●第2章 ロシア外交の方向性を変えた19世紀
●第3章 ヨーロッパの地政学~世界大戦期のロシアとドイツ
●第4章 ロシアン・イデオロギー