香子(二)
発売日
2024年01月29日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-85452-6

香子(二)
紫式部物語

著者 帚木 蓬生著 《作家》
主な著作 香子』(PHP研究所)
税込価格 2,530円(本体価格2,300円)
内容 都へ戻った香子(紫式部)は、一条帝の中宮・藤原彰子に出仕しながら、「源氏物語」紅葉賀~朝顔の帖に取り組む。全五巻の大河小説。



 構想10年! 著者渾身の大河小説、第2弾。

 藤原宣孝との子を身籠った香子(紫式部)は、悪阻に悩まされながらも、「源氏の物語」を書き継いでいく。しかし無事に娘・賢子が生まれ、一家が喜びに湧くなか、夫・宣孝が病に倒れてしまう。悲しみに沈む香子を支えたものは、やはり物語であった。

 出産、夫との別れ、そして藤原道長に求められて中宮彰子に出仕するなど、香子の波瀾の人生とともに、『源氏物語』「紅葉賀」~「朝顔」の帖を描き出した傑作長編小説<全五巻>。