台湾有事と日本の危機
発売日
2024年02月15日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85653-7

台湾有事と日本の危機
習近平の「新型統一戦争」シナリオ

著者 峯村 健司著 《キヤノングローバル戦略研究所主任研究員》
主な著作 『潜入中国』(朝日新聞出版)
税込価格 1,188円(本体価格1,080円)
内容 習近平の台湾併合極秘シナリオとは? 有事の想定・訓練をしない政府と自治体の武力侵攻事態への無策、中国国家動員の恐怖が明らかに。



 台湾有事の焦点は、アメリカ大統領選挙にある。「第2次トランプ政権」が中国に対して強硬になっても緊張緩和に向かっても、台湾をめぐる現状は崩れ、日本は厳しい情勢に追い込まれる。

 2024年の「選挙イヤー」は、国際秩序を激変させるだろう。中でも第二次世界大戦後、80年近くにわたり奇跡的に平和を享受してきた日本が、最大の被害国になりかねない。その最大の引き金が、台湾有事なのだ。

 一切の楽観を排し、軍事マニアの戦争ゲームとも一線を画した、徹頭徹尾「習近平の目線」による驚異のシミュレーション。

 序章 台湾有事はもう始まっている

 ――最重要ターゲットは日本

 第1章 「台湾統一」は習近平の「宿命」

 ――衝撃の有事シナリオ

 第2章 中国はどのように台湾併合を目論んでいるのか

 ――習近平の″戦略ブレーン″が考える「新型統一戦争」をシミュレーション

 第3章 先鋭化する米中対立

 ――東アジアの″火薬庫″はいつ爆発してもおかしくない

 第4章 台湾有事で巻き込まれる日本

 ――次々と浮かび上がる日本の課題

 第5章 習近平の「情報戦」に立ち向かえ

 ――周回遅れの日本