避戦論
発売日
2024年02月09日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-85658-2

現実主義の
避戦論
戦争を回避する外交の力

著者 薮中 三十二著 《元外務省事務次官》
主な著作 世界に負けない日本』(PHP研究所)
税込価格 1,815円(本体価格1,650円)
内容 防衛費倍増(5.5兆円→11兆円)は妥当なのか? 元外務省事務次官が外交努力の歴史を踏まえ、戦争を避ける現実的な知恵を説く。



 2027年度から、防衛費をGDPの2%に引き上げることが決定した。これまで年間5.5兆円規模であったものが11兆円を超え、世界第3位の水準となる。一方で、日本の債務残高はGDP比260%という天文学的な数字となっている。

 防衛費倍増は本当に「しかたない」ことなのか。外交努力によって戦争を回避することはできないのか。「たとえば、外交交渉によりロシアのウクライナ侵攻を止められた可能性もあったのでは」と、米国や中国、北朝鮮と外交交渉を積み重ねてきた著者はいう。

 現代史における外交努力の歴史と、現場での豊富な経験に基づいて語る、現実主義の平和外交論!

 

 ■軍事費の推移――1944年は国家財政の85.3%

 ■避戦のための外交努力――キューバ危機、インド・パキスタン核戦争回避、イラン核合意

 ■外交でウクライナ侵略を止める手立てはあった

 ■2019年、北朝鮮核問題解決の可能性があった