魔女だったかもしれないわたし
発売日
2022年08月16日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-88064-8

魔女だったかもしれないわたし

著者 エル・マクニコル著
櫛田理絵訳
主な著作 ぼくとベルさん』(PHP研究所)
税込価格 1,540円(本体価格1,400円)
内容 昔、「人とちがう」というだけで処刑された人たちがいた――魔女裁判の話を聞いたアディは、慰霊碑を作ることを提案するが……。



 スコットランドの小さな村で、二人の姉と両親と共に暮らす自閉の少女・アディ。昔、「人とちがう」というだけで魔女の烙印を押され命を奪われた人々がいることを知ったアディは、その過ちの歴史を忘れぬよう村の委員会に慰霊碑を作ることを提案するのだが……。

 「わたしも魔女にされていたかもしれない――」魔女として迫害されていた人たちのなかには、自分のような人が含まれていたのではないだろうか……?

 先生や友だちからの偏見、自閉的な姉からの理解と、定型発達の姉との距離、人とのちがいを肯定的に捉える転校生との出会い……。「魔女狩り」という史実に絡めて多様性の大切さを訴えつつ、ニューロダイバーシティの見地から自閉の少女の葛藤と成長を描いた感動作。