名作なんか、こわくない
発売日
2021年01月07日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90098-8

名作なんか、こわくない

著者 柚木麻子著 《作家》
主な著作 『ランチのアッコちゃん』(双葉文庫)、『BUTTER』『本屋さんのダイアナ』(以上、新潮文庫)
税込価格 792円(本体価格720円)
内容 名作には、女子が今を生きるために必要な情報が詰まっている。若手人気作家を夢中にさせた古今東西の小説を味わう「読書エッセイ」。

人気作家・柚木麻子をつくりあげた57冊!

 名作は堅苦しい、と感じている人も多いだろう。しかしページをめくれば、そこにいるのは、今の私たちと変わらない悩みを抱えた人々で、女の友情、野心、恋の駆け引き、男の本音といったテーマなどが、余すところなく描かれている。

 つまり名作には、女子が今を生きるために必要な情報が山ほど詰まっているのである。

 本書は、スタンダールの『赤と黒』、有吉佐和子の『悪女について』からメルヴィルの『白鯨』まで、57冊の読みどころとその本にまつわる著者の思い出を紹介。

 読んだ人も、これから読む人も、読むつもりがない人も、「世界名作劇場」を観ているかのように楽しめる。

 『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』の著者による、初の刺激的な読書案内風エッセイ集。