歴史から読み解く日本人論
発売日
2022年08月01日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90239-5

歴史から読み解く日本人論

著者 井沢元彦著 《作家》
主な著作 『逆説の日本史』『逆説の世界史』シリーズ(小学館)
税込価格 858円(本体価格780円)
内容 独断専行のリーダーを嫌う。過ちや恨みを水に流す――外国人には理解できない日本固有の行動原理の原点を日本史から解き明かす。



 罰則がないコロナ対策、敵国だったアメリカとの日米安保条約、一度も改正されたことがない日本国憲法……外国人から見ると驚くことが多い日本人の考え方。

 その行動原理の原点は歴史にあった!

 日本人も気づいていない日本特有の思想の歴史的な背景を井沢史観で徹底解説。

 穢れ、水に流す、尊い犠牲……これらの感覚の正体とは?

 憲法改正と言うといまだに「改悪でしかない」と血相変えて反対をする人がいます。それは日本人に「多くの人間の犠牲の上に成立したことは絶対に守らなければいけない」という宗教があるからです。その結果成立した日本国憲法は絶対変えてはいけないということになりました。(本書「あとがき」より)

 
●日本には話し合い絶対主義という宗教がある
●偉大な人間が不幸な死に方をすると怨霊になる
●日本人が考える理想的なリーダーは談合調整型
●遷都するほど恐ろしい「死穢」
●“きれい”と“正しい”はイコールになる