教養として知っておきたい宗教学
発売日
2024年02月01日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90387-3

教養として知っておきたい宗教学

著者 中村 圭志著 《宗教学者、翻訳家》
主な著作 『教養としての宗教入門』(中公新書)
税込価格 913円(本体価格830円)
内容 人はなぜ宗教を求めるのか? 宗教の歴史、新興宗教と既存宗教の違いなど、教養としての宗教の知識を、宗教研究者がやさしく解説! 



 日本ではこれまで、不祥事やテロなどのニュースを除いては、宗教は公共の話題になりにくかった。しかしながら、2021年の安倍元総理大臣銃撃事件をきっかけに、カルト的宗教の問題、宗教二世の困窮の問題、政教分離と信教の自由をめぐる問題などが広く認識されるようになった。

 人類文化の「原点」を占めている宗教を、個人の内心の問題としての「信仰」からいったん離れて、文化的・社会的・思想的な「知識」として理解する――。それを行なうのが本書のテーマ「宗教学」である。

 本書は、『面白くて眠れなくなる宗教学』を改題し、文庫化したものである。基本的な内容は親本に準拠しているものの、新宗教、カルト、無神論ないし宗教批判といった、ニーズが高いと思われるトピックに関しては、加筆したり新たな節を設けたりしている。また、巻末にある「読書案内」の中身も刷新している。

 世界観が広がり、社会を見る目を養える一冊。