PHP経営叢書『日本の企業家』を刊行~創設70周年記念出版として全13巻


PHP研究所は創設70周年記念出版として、PHP経営叢書『日本の企業家シリーズ』を創刊いたします。

PHP経営叢書 日本の企業家シリーズ

PHP研究所は1946年11月3日、松下幸之助が創設、本年11月3日に70周年を迎えます。

この節目の年にあたり、企業経営の根幹に経営理念の確立を置いた松下幸之助の遺志を継承するものとして、日本の近現代に活躍した企業家の中で、とくに理念重視型の日本人経営者を1人1巻でとり上げる図書シリーズの刊行を企図しました。

本シリーズは編集委員として宮本又郎氏(大阪大学名誉教授・大阪企業家ミュージアム館長)、加護野忠男氏(甲南大学特別客員教授・神戸大学名誉教授)をお迎えし、経営史・経営学の専門家が確かな史実、学術的研究の成果をもとに執筆。

それぞれの企業家の軌跡を一望するとともに、経営思想や戦略を掘り下げ、その今日的意義を考察した内容となっています。とくに企業家一人ひとりの人間的側面にもアプローチしている点は、PHP研究所ならではであり、本シリーズの特徴のひとつといえます。

第1回配本は本年11月21日、『渋沢栄一』『松下幸之助』の2点で創刊後、2017年1月より毎月1冊、全13巻を順次刊行予定です。販売は全国の書店のほか、PHP研究所のWebサイトで行います。

日本の企業家シリーズ背表紙

※詳細は、PHP経営叢書『日本の企業家』シリーズ 特設ページへ