上司になってはいけない人たち
発売日
2014年04月18日
在 庫
品切れ
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81918-1

上司になってはいけない人たち

著者 本田有明著 《人材育成コンサルタント》
主な著作 『ヘタな人生論より葉隠』(河出文庫)
税込価格 924円(本体価格840円)
内容 問題は、「いまどきの若者」ではなく、「いまどきの上司」にある。人事部も気づき始めたこの新事実、上司は受け入れることができるか。

人事教育コンサルタントの著者は最近、人事部の嘆きが変化したことに気づいたという。

 その内容は、職場の問題の多くは“いまどきの若者”ではなく“いまどきの上司”にある、という衝撃的なもの。

 何もせず批判ばかりの≪負け犬上司≫や、情報を与えずアイデアを殺しては部下の足を引っ張る≪やっかみ上司≫、問題があるのに認められない≪無責任上司≫など、さまざまなブラック上司のタイプ別に傾向と対策を示す。

 「部下が上司を尊敬できない理由」や「最も部下のやる気を奪う言葉」、「上司が無意識にやっている、優秀な部下とそうでない部下への態度の差」など、上司の立場にある人には耳の痛いリアルデータや事例も満載。ここを見ただけでも本を閉じたくなる気持ちを我慢して、上司の方にはぜひ通読をおすすめしたい。著者は、「優秀なチームに上司はいらない」という前提に立ち、上司が上司として成長できるポイントもしっかりおさえている。

 

 やる気が出る言葉でもある「きみに任せた」の一言が、時として部下には「悪魔のセリフ」となるとは、どういうことか。「セブン-イレブン」「織田家康」「ドクターノー」……部下が上司につけたあだ名は、何を示しているのか――。

 会社生活において避けて通れない「上司と部下」問題解決のヒントを、上司にとっても部下にとっても役立つよう詳細に記述した書。