脳はいかにして<神>を見るか
発売日
2003年03月14日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-62685-7

脳はいかにして<神>を見るか
宗教体験のブレイン・サイエンス

著者 アンドリュー・ニューバーグ
茂木健一郎監訳
木村俊雄訳
主な著作 <監訳者・好評既刊>『心を生みだす脳のシステム』(NHKブックス)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 宗教体験の瞬間、脳はどうなっているのか。神秘体験は幻覚なのか。神話発生、儀式の効果、絶対者との一体感などの秘密を脳科学が解明。

脳神経学者である著者のニューバーグとダギリは、宗教体験を科学的に解明する「信仰の生物学」の研究の結果、「いわゆる神秘体験は幻覚ではなく、脳神経学的に測定可能な現象であり、宗教的体験は、ヒトの脳だけに組み込まれた先天的機能である」という仮説を立てた。

 本書はこの仮説に基づき、ヒトの脳の基本メカニズムを解説した後、神話、儀式、神秘体験、宗教、絶対者などが、脳が自己と他者の区別を認識しなくなる「絶対的合一状態」に由来するものだという証拠を示していく。その鍵になるのが、身体の空間的な位置把握を司る脳の「方向定位連合野」だ。瞑想における極度の集中、あるいは「無」の状態がこの領域への感覚入力を遮断し、特別なモードに入ることが宗教体験を引き起こすというのだ。多くの事例を交えながら、平易な言葉で知的興味を喚起するポピュラー・サイエンスである。