「女系天皇論」の大罪
発売日
2006年01月27日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-64807-1

「女系天皇論」の大罪

著者 小堀桂一郎著 《(小堀)東京大学名誉教授、(櫻井)ジャーナリスト、(八木)高崎経済大学助教授》
櫻井よしこ
八木秀次
主な著作 <櫻井・主な著作>『国売りたもうことなかれ 論戦2005』(ダイヤモンド社)
税込価格 1,540円(本体価格1,400円)
内容 二千年以上続いてきた日本のかけがえのない伝統を失ってよいのか――。日本の伝統の核心たる皇室の危機を憂う三者による緊急提言。

平成17年11月24日、「皇室典範に関する有識者会議」が、皇位継承権を安定的に維持するための制度のあり方についての答申を小泉純一郎首相に提出した。その内容は、女系天皇容認、皇位継承順位における長子優先――。長い皇室の歴史のなかで前例のない女系の天皇を認め、男子・女子にかかわらず長子に皇位継承権を認めようというものである。

 同会議で座長を務めた吉川弘之氏は「国民の平均的な考え方で議論する」と語ったといわれるが、はたしてこの答申が「国民の平均的な考え方」なのか。しかも、わずか十カ月(計17回、30数時間)の会議で、かくも重要な問題を本当に議論し尽くすことができたのか。

 そこで本書では、小堀桂一郎、櫻井よしこ、八木秀次の三氏が、「有識者会議」の答申を糺すとともに、「日本にとって、皇室はいかなる存在なのか」「皇室の今後のあり方はどうあるべきなのか」「なぜ皇室が大切なのか」など、皇室伝統の核心に迫る。