すずをならすのはだれ
発売日
2008年11月12日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-68918-0

すずをならすのはだれ

著者 安房直子
葉祥明
主な著作 <安房・好評既刊>『うさぎのくれたバレエシューズ』(小峰書店)
税込価格 1,188円(本体価格1,100円)
内容 寒い冬の日、うさぎは森の中で小さな家を見つけました。うさぎが扉の鈴を鳴らしてみると、家の中からやさしい声が聞こえてきました。

寒い寒い二月のことです。真っ白い森の中を真っ白いうさぎが一匹通りかかりました。うさぎは、これから町へ買い物に行くところなのです。急いでいたうさぎは、つるりとすべって一軒の家にぶつかりました。その家の扉にはすずがついていて、「ご用のかたはすずをならしてください」と書かれていました。うさぎは、すずのひもをひっぱりました。ちり、ちり、ちり、ちり……まるで、空の星が一度にふりこぼれてくるような音がして、家の中から声が聞こえてきました。「扉のすずをならすのはだれ」きれいなやさしい声でした。

 うさぎは、家の中から聞こえるやさしい声に「歌を歌ってほしいの」と頼まれました。歌の大好きなうさぎは喜んで家の中へ入っていきました。ところが、うさぎは家に入ったままでてきません。夜になっても何日たってもでてきません。すると今度は、お腹をすかせたたぬきが家にやってきました。

 動物たちの歌声が春を呼ぶ、冬のファンタジー。