だれが信長を殺したのか
発売日
2007年03月15日
在 庫
絶版
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-69073-5

だれが信長を殺したのか
本能寺の変・新たな視点

著者 桐野作人著 《歴史作家》
主な著作 『真説 本能寺』(学研M文庫)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 足利将軍か、朝廷か、はたまたバテレンか。黒幕説飛び交うその裏で、一人の男の影が浮上した……。光秀の憂鬱、そして信長の誤算とは。

決断をためらう明智光秀の、背中を押した影の男とは?

 「ときは今天が下しる五月哉」。挙兵三日前、愛宕百韻で本能寺急襲のひそかな野望を詠んだといわれる光秀だが、いまだこのとき、謀叛を決断していなかったことが新発見の書状で明らかになった。そんな光秀を追いつめた張本人はいったいだれ!?

 足利将軍か、朝廷か、はたまたバテレンか。黒幕説飛び交うその裏で、一人の男の影が浮上した。斎藤利三。他家を出奔し明智家家老にまでなった勇者には、信長を許せない複雑な事情があった。

 長宗我部元親、三好康長、羽柴秀吉、織田信孝。四国情勢をめぐって濃密に絡み合う人間関係に、翻弄される光秀、そして信長の誤算とは!

 [内容紹介]第一章 信長と光秀の天正八年/第二章 破断への予兆/第三章 光秀を追いつめた信長の四国国分令/第四章 本能寺の変の仕掛け人、斎藤利三/第五章 「不慮謀叛」ついに決行さる/終章 本能寺の変とはなんだったのか