大いなる謎 真田一族
発売日
2015年08月31日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76370-5

大いなる謎 真田一族
最新研究でわかった100の真実

著者 平山優著 《歴史家、山梨県立中央高等学校教諭》
主な著作 真田三代』(PHP研究所)
税込価格 810円(本体価格750円)
内容 真田家の出自は? 関ヶ原で東西に分かれた真意は? 幸村が真田丸に賭けた秘策とは? 第一人者が最新研究を駆使して、謎を解き明かす。

合戦、外交、人物像……大河ドラマ「真田丸」の時代考証担当者が、全てを解き明かした決定版!

 真田一族というと、武田信玄に仕えて本領を回復した幸綱、徳川軍を二度も打ち負かした昌幸、大坂の陣で散った信繁(幸村)、そしてお家を存続させた信之が知られる。しかし、彼らにまつわる実像や逸話については謎が多く、今まさに見直しが求められている。本書は、そんな真田家にまつわる謎を、研究の第一人者が最新研究にもとづいて解き明かしたものである。謎が明らかとなった時、読者は真田一族の真の魅力に気づかされるに違いない。

 ○驚きの新説、明らかになった新事実を公開!○

 真田氏の出自は、信濃ではない!

 幸綱が上杉謙信に太刀を贈った真意は?

 上田城を築城したのは昌幸ではなく、あの宿敵?

 明かになった「犬伏の別れ」の意外な真相

 昌幸は九度山配流中、実は信之と……

 信繁は、秀吉から大名に抜擢されていた!?

 信之はいかにしてお家騒動を収めたのか