我、六道(りくどう)を懼(おそ)れず[立国篇](下)
発売日
2018年03月08日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76833-5

我、六道(りくどう)を懼(おそ)れず[立国篇](下)
真田昌幸 連戦記

著者 海道龍一朗著 《作家》
主な著作 我、六道を懼れず[立志篇]』、『我、六道を懼れず[立志篇]』(PHP研究所)
税込価格 994円(本体価格920円)
内容 信長、秀吉、家康ら天下人たちと智略を持って渡り合った男、真田昌幸。その信念は幸村へと受け継がれていく。歴史巨編、堂々完結!

われらは死花に非ず!――沼田城を北條に譲り渡せ、という家康の理不尽な要求を拒否した昌幸。上田城に攻め寄せる徳川の大軍に、果たしてどう立ち向かうのか。そして時代は関ヶ原へ。三成に付くことを決断した昌幸の上田城に、再び徳川の大軍が迫る……。「表裏比興の者」と呼ばれながらも、戦国の世において智略をもって真田家を守り抜き、矜恃を貫いた男の生涯を、圧倒的迫力で描く歴史巨編、完結。