万葉集に隠された古代史の真実
発売日
2019年08月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76953-0

万葉集に隠された古代史の真実

著者 関裕二著 《歴史作家》
主な著作 「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』(PHP研究所)
税込価格 880円(本体価格800円)
内容 『万葉集』は単なる日本最古の歌集ではなかった! 「恋の歌は本当は政争の歌だった」など、『日本書紀』が抹殺した本当の歴史に迫る一冊。

『万葉集』は、一般に知られているような「おおらかで牧歌的」な文学作品ではなかった!

 本書は、新元号「令和」の典拠となった謎多き『万葉集』の真実の姿に迫る1冊。「『梅花の宴』をめぐる序文に込められた本当のメッセージとは何だったのか?」など、巧妙に仕組まれたからくりを、一つひとつ解きほぐし、その謎の真相に迫っていく。

 「『万葉の時代』は、素直で正直な人間が次々と殺されていく、暗黒の時代だった。正義感が強く、能力を持った人間が、命を狙われる悲しい時代であった。その、虚しい時代の最後に、『良いことがいっぱいありますように』と願いを込めた『万葉集』の本当の意味を、われわれは正しく汲み取らねばなるまい」(本書「おわりに」より抜粋)

 なぜ「万葉集」は古代史の真相を封印したのか』を改題し、再編集。