「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける
発売日
2021年09月09日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90167-1

「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける

著者 関裕二著 《歴史作家》
主な著作 古代日本人と朝鮮半島』(PHP研究所)
税込価格 814円(本体価格740円)
内容 青森県の三内丸山遺跡など、世界文化遺産の登録で注目を浴びる縄文遺跡。縄文人の暮らしには、現代日本に通じる信仰と生活があった!

 祝 2021年「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産登録!

 渡来人の影響は限定的だった!

 DNA分析からわかる驚きの結果

 これまで、縄文の文化は渡来人の文化によって

 一掃されたと考えられてきたが、大きな誤りだった。

 縄文人たちの暮らしは決して原始的ではなかったのだ。

 現代日本に通じる信仰と習俗、生活がすでに縄文時代に完成されていたのである!

 ◎縄文観を塗り替えた三内丸山遺跡

 ◎縄文時代に階級の差が生まれていた

 ◎日本人はどこからやってきたのか

 ◎世界的にも珍しい日本列島の遺伝子の多様性

 ◎弥生時代に伝えられた縄文の第二の道具

 ◎縄文人が水田稲作を始めていた証拠

 ◎戦争は農耕とともに始まった

 ◎ヤマト建国は縄文への揺り戻しだった?

 ◎平和な時代に戻りたいと願った日本人

 日本は縄文時代からガラパゴスだった!

 世界を驚かせた縄文文明とは?